タバコを吸う場所がない!家や屋外でのおすすめ法と問題対策

タバコを吸う場所がない!家や屋外でのおすすめ法と問題対策

改正健康増進法により屋外タバコを吸う場所が減りましたが、どこでみんな吸っていると思いますか?

 

また家の中ではベランダと換気扇下がほぼ8割を占めますが、それでも家族にかなりの影響があるのは知っていますか?

 

 

タバコが吸いたいと思う時点で、あなたは既に脳の病気に侵されているのですが、タバコを吸う場所がない事をキッカケに喫煙について考えてみたことはありますか?

 

なぜあなたは、タバコを吸う場所をイライラしながら探してまで、タバコを吸いたいのでしょうか?

 

 

タバコが吸いたい人は、タバコが吸う場所がない場合の対策を今一度考えてみてください。

 

禁煙の禁断症状に抜群の効果

 

タバコを吸う場所がない!家や屋外でのおすすめ法

 

2020年4月の改正健康増進法で飲食店やパチンコ店なども屋内は原則禁煙になり、吸う場所が激減しましたが、みなどこで吸っているのでしょうか?

 

 

基本吸える場所は喫煙所になりますが、実は喫煙者も喫煙所を利用したくないと考えている人が半数で、喫煙所に入らずにタバコを吸うことが多いのです。

 

事実、アンケートでは喫煙者の2/3は喫煙所以外の人目のつかない場所で、ササッとタバコを吸っています。

 

 

そのため、吸える場所を探す人よりは、吸ってはいけない場所で人目につかない所を探す割合のが多いのが現実です。。

 

また、加熱式たばこ専用喫煙室がパチンコ店や喫茶店などに増えたことから、電子タバコに変える人も増えました。

 

 

結果、屋外でタバコを吸う場所がない時のおすすめ法は、以下の3つです。

 

  1. 簡易灰皿を持ち人目のない所で吸う
  2. 電子タバコを併用しパチンコ屋の中で吸う
  3. ニコチン入ガムやタブレットでしのぐ

 

 

吸う場所がない現状は、喫煙者にとって問題ではありますが、1年間に受動喫煙で約1万5000人が死んでいる事も忘れないでください。

 

 

 

では次に家の中ではどうしているのでしょうか?

 

喫煙者のほぼ7割は家でも肩身の狭い思いをしており、ベランダ41%・キッチンの換気扇下が31%の割合で吸っています。

 

しかし、集合住宅ではベランダで吸うとニオイの問題で苦情が来る事も多く、そうなると最終的には換気扇下になるようです。

 

 

また、賃貸は家の中で吸うとクロスがヤニで汚れるため、張替え費用が発生する場合もあることを忘れないでください。

 

 

基本、家の中にタバコの煙が充満しないように換気扇下かベランダで吸う人がほとんどですが、家でのおすすめ法は家族がいる場合は健康の事も考え、ガムやタブレットで代用しニコチンを減らし禁煙しやすくすることをおすすめします。

 

一人なら被害が自分だけでいいのですが、家族の健康をあなたのタバコで奪うのはやはり違います。

 

 

将来、家族がガンになった場合、金銭的にも看病的にも大変なのは自分ですし、もし亡くなった場合あなたが殺したのも同じといわれる可能性もあります。

 

事実副流煙は喫煙者が吸う主流煙よりも高濃度の有害物質が含まれており、体の小さな女性の方が害を受けやすく肺がん死亡の8.1%・心筋梗塞の9.1%が受動喫煙が原因で亡くなっているのです。

 

 

またニコチンには神経毒性があり、赤ちゃんがいる・妊娠中だと、流産や早産胎児の知的能力への影響・ADHDが起こりやすく、ゴキブリ駆除スプレーより威力が強いのです。

 

 

換気扇の下で吸っていても子供の体内には、タバコを吸わない家庭の子供の3倍以上のニコチンが検出され、サッシを締めても微粒子が入るため尿から有害物質がでます。

 

 

そしてベランダで吸っても吸った後200秒後までは、口から高濃度の有害物質が排出されるので、中に入らない・会話しないようにしましょう。

 

 

家族がいない日に家の中で吸っても、家具やカーテンなどに有害物質が付着し、それが家族の体内に入ることを忘れないでください。

 

 

このような事から家族がいる場合のおすすめ法は、タバコではなくガムやタブレットに変えることです。

 

ニコチン入タブレットなら吸いたい気持ちを抑え、場所を選ばないため禁煙のしやすさダントツ


禁煙の禁断症状に抜群の効果

 

タバコを吸う場所がない時の問題対策

 

タバコを吸う場所がない時の対策は、少しずつでもいいのでタバコではなくガムやタブレット、ニコチンゼロの電子タバコに変えてみることをおすすめします。

 

あなたはタバコを吸ってやめられなくなった時点から、ニコチン中毒という脳の病気になっています。

 

 

吸いたいと思うことが、実は病気だということを忘れないでください。

 

吸ったことで家族の人生を狂わせ死に至らせるかも知れない、あなたの人生も大きく変わるかも知れない。

 

 

嗜好品感覚のタバコですが、実はおいしい税金の搾取の1つで健康被害が強いのに敢えてそう言わない裏事情にも気づいてください。

 

 

吸うのは自由ですが、本当に吸いたいですか?

 

なぜあなたはタバコを吸うのでしょうか。

 

今一度考えてみてください、あなたと家族の人生をタバコに乗っ取られる前に

 

やめたくないと思った時点で、既に脳の病気なのです。

 

 

禁煙の禁断症状に抜群の効果

page top