禁煙一番辛いのは何日目?やめられないを防ぐチャンピックスの我慢がない使用法

禁煙一番辛いのは何日目?やめられないを防ぐチャンピックスの我慢がない使用法

禁煙はつらいですが一番辛いのは何日目で、だいたい何日ぐらいで辛くなくなるかをあなたは知っていますか?

 

それを知っているだけで禁煙がグッと成功に近づきます。

 

なぜならそのつらい日数に対して対応策や目標が持てるからです。

 

 

 

禁煙はやみくもにやるから失敗しやすく、計画をたててやることで成功しやすく辛さも軽減できます。

 

それでも禁煙が難しいのは、ニコチン中毒という病気だからです。

 

 

 

ニコチンは脳を犯すため自分の力ではどうにもならない部分が強く、チャンピックスなどの薬を使うことでかなり禁煙しやすくなるため、禁断症状が出る2週間だけでも使うことをお勧めします。

 

要は体からニコチンを抜きどんな方法を使ってでも禁煙できればそれで良いのです。

 

 

 

あなたも対策を立てて禁煙にチャレンジしてみませんか?

 

きっと成功の先には、思ってもみなかった未来が待っています。

 

禁煙の吸いたいをブロック

 

 

禁煙が1番辛いのは何日目?

 

禁煙開始で一番辛いのは、本数が多いほど早く8時間後から禁断症状が出現しますが、通常は24時間経った頃から一番つらくなってきます。

 

そして2~3日をピークに禁煙の離脱症状(禁断症状)が現れ体からニコチンが抜けていくため、まずはこのつらい3日間を耐え抜いてください。

 

 

ガム・タブレット・チャンピックス、スポーツ、ニコチンゼロ電子タバコ・寝るなどあらゆる手を使います。

 

 

その後個人差はありますが症状が緩やかに続き、だいたい1~2週間(個人差のため)で禁断症状がかなり楽になり3週間も経てば辛かった禁煙欲求も消えていきます。

 

 

 

禁煙開始から1カ月後で禁煙成功が見えてきますが、この時期に気が緩んで1本だけと吸ってしまい、今までの努力がパーになる人も多いのです。

 

 

そしてほぼほぼ3か月で禁煙成功となりますが、1~3年後でもタバコを吸いたいと思うニコチン中毒の快感がが抜けない人も多く注意は必要です。

 

たかが1本ですが吸うと7秒で脳にニコチンが到達し、快感を強めてしまうことでまた脳と体がニコチンに侵されてしまいます。

 

 

しかし、ここまで出来たのだからまた乗り越えられると思いがちですが、繰り返すほど禁煙はできなくなってしまうため、最初で成功させることが重要です。

 

 

その後10年後には肺がんのリスクが半分に低下、心疾患や脳硬塞のリスクも軽減し、15年かけて病気にかかるリスクが非喫煙者のレベルになっていきます。

 

 

やめたからすぐに健康になるわけでは無く、長い時間をかけないと病気リスクが低下しないため、例えば35歳でやめて50歳まで健康リスクがつきまといますので、早めの禁煙がおすすめです。

 

34歳までにやめられた場合は、タバコを吸わなかった人と同じ余命があるといわれているので、34歳が禁煙のタイムリミットかも知れません。

 

 

タバコが吸いたい!やめられない原因は?

 

タバコが吸いたくなり、やめられないのは意思が弱いからではなく、ニコチン依存症という病気のため。

 

タバコって結構怖くて安全基準がないため、約600種類以上の体に悪い添加物と、発がん性物質など4,000ほどの化学物質が使い放題で作られています。

 

そのためタバコを吸うと脳が器質的変化を起こし、コカインなどの危険薬物と同じくらい依存性が強くなるためやめられなくなるのです。

 

 

だからタバコは吸うと病気になるのではなくて、吸う行為が病気なのですが、薬物をした後のようにヤバくならないので嗜好品感覚で吸える所が実は怖いのです。

 

 

 

さらに怖いのが、タバコは生活のあらゆる場面で結びつけられることで、その行為をタバコなしで過ごそうとすると、「口寂しい」「ないと物足りない」ような気になり、いわゆる心理的依存(依存症)に簡単になってしまうところ。

 

例えば、ご飯の後にタバコを毎回吸っていると、吸わないといけない感覚になり口寂しく感じて普通に吸ってしまうのですが、それがもう無意識の依存となるのです。

 

 

またタバコは強固な依存を形成するように考え作られています。

 

なにせ高い税金が取れるので、長期間やめられない様にうまい具合に添加物を調整され、体内をジワジワ蝕みボロボロにしていくのがタバコです。

 

 

変な言い方をすれば、タバコを吸うことは長期に渡り国の税金を得るために、吸えば脳を犯すモルモットにされているのと似ています。

 

同じくらい依存性の高い薬物は取り締まるのに、タバコを取り締まらないのはこのせいです。

 

 

 

タバコは吸って3秒後に脳細胞が変化を起こし、ニコチン刺激で脳細胞間の神経伝達が十分に機能しなくなります。

 

だからニコチンが切れると、禁断症状が起こりイライラやだるさ、ボーっとしたりするのです。

 

 

 

化学物質の配合で薬物の様にラリったりすることはありませんが、逆に同じくらいの強さがあるのにそうならないように敢えて作られているからこそ怖いしやめられないのがタバコです。

 

 

例えるとヤバい宗教団体に洗脳されているのと同じだからこそ、吸わない人はやめろというワケ。

 

まぁ、こんなタバコですが、やっぱり吸いたいですよね、それはあなたの自由なので...。

 

 

ちょっとでも禁煙がよぎったら3カ月5000円ほどで禁煙できるこれがおすすめ


禁煙が成功する医薬品プブロンSR

 

チャンピックスを使用した我慢のない禁煙とは

 

喫煙はニコチン依存症と言う病気なので、やめようとしても自力では難しく、チャンピックスなどの薬を使用した方が確実です。

 

大体は3カ月で体からニコチンが抜け禁煙が成功するといわれています。

 

 

その3カ月だけ禁煙をやってみる時に自力だと1割の成功に対して、チャンピックスなどの医薬品は8割が成功すると言われています。

 

 

そのため、我慢して禁煙するよりもチャンピックスなどを使用し、短期間でやめた方が何度も繰り返すよりは後々楽です。

 

たばこを吸いたい気持ちは1日中ずっと続くわけではなく長く続いても3分~5分で、吸いたくなった時にたばこの代わりになるものを事前に考えておくと成功率がぐんとあがります。

 

 

 

一度タバコを吸ってしまうと禁煙は難しいかも知れません。

 

しかしタバコは50歳で禁煙しても、喫煙を続けた時より余命が6年長くなりますし、34歳までに禁煙できれば、元々喫煙しなかった人と同様の余命があるともいわれています。

 

つらい禁断症状も、2日~1週間がピークです。

 

 

チャンピックスなど使えるものはすべて使い、まずは1週間乗り切ってください。

 

1週間乗り切れば離脱症状も急激に楽になり、1カ月で禁煙の第一段階が成功します。

 

 

 

人生のたった1週間を自力ではなくチャンピックスなどの薬を駆使し、乗り切ってみませんか?

 

タバコをやめて失うものは何もありません、禁煙にチャレンジし思ってみなかったものを手にしてみませんか?

 

 

チャンピックスの代替品3ヵ月分5000円であなたの人生を変えてみませんか?


禁煙が成功する医薬品プブロンSR

 

 

 

page top