タバコやめたら人生変わった

彼氏彼女のキスがタバコ臭いしまずい!影響や口臭を消すには?別れの原因にも

 

タバコを吸わない人からすると、喫煙者とのキスって凄くクサいしまずいし気持ち悪いのがホンネ。

 

タバコを吸う人は麻痺してわからないのですが、タバコってほんとにクサいんです。

 

 

しかもただクサいだけならまだしも、喫煙者とのキスで健康に影響がある場合、キスする方もされる方も考えモノ。

 

結婚するわけじゃないのにキスで体に影響があると、いくら好きでもたまったもんじゃありません。

 

 

 

 

また口臭を消すだけでは、タバコクサさは取れずタバコを吸わない人にとって、喫煙者とのキスはほんとに苦痛で別れの原因にもなります。

 

 

タバコを吸っている人を良く見かけますが、実際の喫煙者は男性約30%・女性約8%とかなり少なく、男女どちらも30代~50代の喫煙者が多いのが特徴です。

 

20代で禁煙していないと、そのままダラダラとタバコを止められずにずっと吸い続けてしまう可能性も。

 

 

 

またタバコを吸わない人が喫煙後キスすると回答したのはたった2割で、8割はキスを避けたいと感じているのため、圧倒的に喫煙者とのキスはしたくない人がほとんど。

 

 

 

では、実際喫煙者とのキスはどんな影響があるのか、この先大切な人や家族を守りたいと考えている人だけ読んでみてください。

 

タバコは悪いと感じていても、付き合いなどで止められない人もいますし、自分でやめようと思わない限り簡単にやめれるものではありません。

 

 

タバコを吸った後のキスは相手に影響がある?

タバコを吸う人のそばにいるだけで、吸わない人は以下3つの影響を受けることになります。

 

  1. タバコの先から出る煙・・・副流煙
  2. 喫煙者が吐き出す・・・呼出煙
  3. 喫煙者が吸い込む・・・主流煙

 

そのためキスをする以前に、タバコを吸っている人の横にいるだけで、副流煙や呼出煙を常に吸っている状態なのです。

 

しかも厄介なのが、喫煙者が吸い込んでいる煙ではなく、吸わない人が吸わされている副流煙や呼出煙の方が、発がん性物質やニコチン、一酸化炭素を多く含んでおり体に影響があります。

 

 

いわば、喫煙者の横にいると車の排気ガスをもろに吸い、脳や体に影響があるニコチンも摂取しているのと同じ状況なのです。

 

 

 

 

またタバコを吸った後45分は、口からタバコの成分が放出している状態なので、この間にキスすると自分がタバコを吸っているのと変わりません。

 

そのため喫煙後の時間が短いキスほど、タバコそのものの味でまずいし、気持ち悪くなるのは当たり前のことなのです。

 

 

 

だって喫煙者とのキスは、自分がタバコを吸っているのと同じ状況だから。

 

 

 

 

最近では喫煙者の服や髪の毛、手、タバコを吸っている部屋にもタバコの成分がついており、キスだけなく一緒にいるだけでかなりの影響を受けるといわれています。

 

 

赤ちゃんがタバコの煙(副流煙や呼出煙・部屋についた成分なども)を吸ってしまうと、突然死の割合が4倍になるため、タバコがどのくらい人の体内に影響を及ぼすかはわかると思います。

 

 

喫煙者のキスはタバコクサいしまずいのが本音

 

喫煙者のキスがタバコクサいのは、実際タバコを吸わない人がタバコを吸うのと同じため、クサいしまずいのは当たり前なのです。

 

本来タバコは悪臭の漂う有害物質のためクサく、加齢臭や野菜が腐ったにおいに似ています。

 

 

しかし、喫煙者はこのクサくて不味いというのが分かりません。

 

タバコを吸うと嗅覚が鈍り、自分から発しているクサい臭いやタバコがクサいということがわからなくなるのです。

 

 

 

そのため、自分はクサくないと思っている人がほとんど。

 

 

だからタバコを吸ったあとのキスも何も思いません、自分がどれだけクサいかが分からないからです。

 

 

 

 

でも、タバコを吸わない方からするとたまったもんじゃありませんよね。

 

自分の体が喫煙するのと同じ状態になるだけでなく、口の中がクサいしまずいし最悪です。

 

 

キスするたびに、口の中に腐った生ごみを入れられているのとなんら変わりません。

 

 

喫煙者とのキスは甘いものではなく、苦痛で吐きそうな人が多いのが現実です。

 

現に喫煙者との恋愛はしたくない人が80%を占めているのが、タバコはイヤな人が多いあからさまな答えです。

 

 

自分ではわからない!かなり臭い口臭を消すには?

喫煙者は自分がどれだけの悪臭を発しているのか、他人からクサいと思われているのかが分からないのが現状です。

 

しかし、努力をしている人は多く消臭スプレーやガムなどで口臭やタバコクサさの対策をしている人も多くいます。

 

 

では実際、消臭スプレーやガムでどのくらいニオイは消えるのでしょうか。

 

まず服についたニオイですが、こちらは消臭スプレーをすることで、ニオイの元を消すことができるためタバコクサさを取るには有効です。

 

しかし、口臭は違います。

 

 

口の臭いは肺や歯にこびりついたニコチンやタールがあれば、ニオイの原因が解消されないため、ガムではクサいニオイが減っても消えるわけではありません。

 

そのため、クサい口臭は残ります。

 

 

また、タバコによる酸素不足から虫歯や歯周病になりやすく、口内も乾燥しやすくなるため、菌が増殖しタバコとは違う意味で口臭が漂います。

 

 

タバコの成分の中には、腐った汚物や糞尿と同成分のものもあり、かなりのニオイが発生しているのが現状です。

 

 

 

 

このことから、タバコの口臭を防ぐための歯磨きやガムなどは、ニオイの元が消えない限り一時的にクサさが減少しても解消されないと思っている方が無難かも。

 

 

自分が臭わないと感じているだけで、タバコの臭いはかなりのクサさを周囲に発生させています。

 

 

ちなみにタバコとセットで好まれるコーヒーは、口の乾燥を促進し口臭を悪化させるため逆効果です。

 

 

タバコを吸う人はモテない!喫煙者は恋愛対象外別れの原因にも

 

タバコは今から約50年前男のステータスと思われていた時代があり、その頃は男性の80%の人が吸っていました。

 

そして日本でタバコが人体に与える影響が分かってきたのが1965年ごろ、1987年には有害性が明らかになり、禁煙の風潮が強まり喫煙率30%の現在にいたります。

 

 

ちなみに女性の喫煙率は、50年前もいまもほぼ変化のない8%前後です。

 

 

 

昔ならタバコをすう男性がカッコイイという時代もありましたが、現在ではタバコを吸わない人の方がモテル時代。

 

女性は子供を生むことから、今も昔も吸わない人が根強い人気です。

 

 

 

また、80%の男女がタバコを吸う人に魅力を感じず、50%が恋愛対象にはならないと回答しています。

 

 

肯定的な回答をした人の多くは、自分も吸っているからというもの。

 

そのため、タバコを吸わない人からみると、喫煙者は恋愛の対象にならず、吸っていたら別れる人の割合は20人に1組。

 

 

 

 

ちなみに喫煙者と結婚し、離婚になる場合は75~91%とかなり高めで、タバコがやめられないとほぼ離婚する時代と考えていた方がいいかも。

 

 

どうしてもタバコがやめられないなら、喫煙者同士の結婚をおすすめ、しかし相手が少数で限られるためできれば自分の将来のためにも禁煙を考えてみませんか?

 

 

 

タバコを安く止めたい場合は、こちらの記事も参考にしてください。

 

ブプロンsrで禁煙一発成功?不安な体重増加もなくダイエット効果もある理由

 

ブプロンとチャンピックス比較!一度挫折や失敗しても成功率が高いのは?

page top