タバコの赤ちゃんへの影響が怖い!授乳中の喫煙やアレルギー後悔では遅い

タバコの赤ちゃんへの影響が怖い!授乳中の喫煙やアレルギー後悔では遅い

大人が吸っているタバコと子供や赤ちゃんが吸うタバコは5倍の濃度があり、かなり脳と体に影響があることをわかった上であなたは吸っていますか?

 

また大人に比べてニコチンの吸収が早く、子供が大人になるにつれ色々な病気や脳障害を抱え、生きていかなければならないこともご存知だと思いますが、それでも吸いたい場合あなたはかなり病気です。

 

 

喫煙は脳の病気といわれており、通常なら赤ちゃんや子供がいる場合はやめようと思うのが普通の状態です。

 

しかし、やめたくないと思ったのなら、あなたはかなりタバコのニコチンで脳がイカれているため、自分の快楽優先で子供の将来などどうでも良い選択しかできません。

 

 

それでも自分の子供なので、どうでも良いと思うのか、どうにかしてやめたいと思うのかはあなた次第です。

 

もしやめたいと思っている方だけ、赤ちゃんにどんな影響があるのかを知ってください。

 

 

思わないのなら、それは仕方がありません、子供は親を選べないので。

 

タバコよりニコチンの少ないガムで代用し禁煙成功 少しでも負担を軽く


禁煙の禁断症状に抜群の効果

 

タバコの赤ちゃんへの影響を知っていますか?親の喫煙で死ぬことも

 

赤ちゃんが生まれたらタバコを外で吸えば良い、と思っている人は多いですが、実はベランダで吸っても以下にニコチンや有害物質が含まれるため、悪影響を及ぼします。

 

  1. 喫煙した両親の呼気
  2. 服、または髪の毛

 

また、タバコを吸った後、赤ちゃんをすぐに抱っこすればタバコによる有害物質の影響は大きく、最低30分は赤ちゃんに近づけません。

 

母親が喫煙している場合は、母乳にニコチンが検出されるため、赤ちゃんには水でふやかしたタバコを飲ませているのと同じです。

 

 

自分が吸っている主流煙が酸性なのに対して、副流煙はアルカリ性で主流煙よりも刺激の強い有害物質が含まれています。

 

そのため、赤ちゃんや吸わない人にはあなたより体に悪いものを吸わせているワケ

 

 

発ガン性物質、ダイオキシンなど怖い物質がたくさんタバコには含まれており、脳には覚醒剤と同レベルの負荷が掛かっているといわれています。

 

 

そのせいで、タバコを吸う家庭の赤ちゃんは以下の症状が起こりやすくなり、子供の人生も世話をするあなたの人生も奪うことになります。

 

  1. 身長が伸びづらい
  2. 知能指数が低くなる
  3. 将来的に暴力犯罪をしやすくなる
  4. ADHDのリスク高まる
  5. ダウン症

 

その他にも喘息になりやすく、免疫機能が低いため病気になりやすい子供になります。

 

軽い知的障害を起こすと、いじめに合ったり将来上手く人と関われなくなる可能性も高いのです。

 

 

そのため、できるだけ赤ちゃんや子供がいる家庭では、大人の何倍もの濃度を吸わせる事になるし、成長を妨げるのでタバコは吸わない方が無難です。

 

将来、せっかく元気に生まれた子供の脳に障害が起こったり、病気がちになったら、あなたはどう思いますか?

 

禁煙の禁断症状に抜群の効果

 

授乳中の喫煙も様々な影響が!子供の人生奪うかも

 

タバコは生まれてきた赤ちゃんや子供にだけ問題がでるのではありません。

 

赤ちゃんがお腹にいる時から、タバコで赤ちゃんの酸素・栄養不足を起こし以下の事を引き起こします。

 

  1. 流産
  2. 早産
  3. 死産
  4. 低出生体重
  5. 先天異常

 

また、 妊娠中の喫煙は生まれてくる赤ちゃんに以下の障害を一生負わせることにも繋がります。

 

  1. 水頭症
  2. 小頭症
  3. 口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)
  4. 湾曲足(例:XO脚)
  5. 指の異常

 

妊娠中タバコを吸いたくなるのは分かりますが、子供の将来やもし障害を持って生まれた時育てる自分の負担も考え、禁煙薬などでタバコをやめる方が後々楽です。

 

また、家族の喫煙も同じですから、妊娠した時点でタバコを吸っている場合は禁煙をオススメします。

 

 

赤ちゃんの事を考えても禁煙したくないと思う場合、あなたは相当タバコで脳に障害を負っている状態です。

 

普通は成功するしないに関わらず、禁煙してみようと思うのが正常なのですが、ニコチンでかなり脳が侵されている場合は脳が中毒状態になり、やめようとは思わなくなります。

 

 

ある意味、自分のタバコで子供が死んでも問題ないとまで思える精神状態になっているワケです。

 

 

もし、まだ正常な場合は、禁煙中の3カ月は辛い事もありますが、もし万が一子供になにかあって生まれた場合は、3カ月どころか一生大変で辛い思いをするワケですから、思い切ってタバコをやめてみてください。

 

 

 

ニコチン中毒病なので、自力での禁煙は難しいため、禁煙薬の使用をオススメします。

 

ただ妊婦さんの場合は、医師指示ののもと使用してください。

 

 

禁煙は嫌かも知れませんがあなたの人生と子供の人生において、良かったと思える日がきっと来ます。

 

禁煙の禁断症状に抜群の効果

page top