タバコやめたら人生変わった

チャンピックスが効かない!成功率や失敗の原因は?意思も必要

チャンピックスで禁煙しようと思っても効かずに失敗した人は約3割。

 

チャンピックスを飲めば手放しで禁煙できるのではなく、以下の理由でうまくいかないことも。

 

  1. 薬が全く効かない人
  2. あまり効かずに失敗
  3. 効いたけれど挫折
  4. 副作用がきつくてダウン

 

 

チャンピックスが効かない場合、禁煙をあきらめるのではなく代替品を使用したり、副作用があまりでないように調整したりすることで、成功する場合もあります。

 

 

1回で挫折することなく、もう一度手を変え品を変えることで成功できれば、タバコで汚染された体や脳も良い方向へ変わってきますので負けないでほしいです。

 

禁煙しようと思ったその気持ち、大切にしてください!

 

チャンピックスが効かない理由は

チャンピックスが効かない理由で多いのが薬が効かないこと。

 

チャンピックスは、タバコがまずく感じ吸いたくなくなることでニコチンが体からなくなり、禁煙成功を目指す薬です。

 

そのため、薬が効かないと自力で禁煙しているのと同じため、失敗してしまいます。

 

 

次に多いのが、副作用がつらすぎて挫折す場合。

 

吐き気や気持ち悪さに耐えられず、薬を止めてしまい失敗するケースです。

 

 

また、チャンピックスを使用しても、ある程度の我慢は必要ですが、自力で禁煙する我慢に比べるとずっとマシですし、まったく努力を必要としない人もいます。

 

 

そのため、チャンピックスが効かない理由の多くは、薬が合わずに効果がでないのが原因です。

 

では、チャンピックスの成功率はどのくらいなのでしょうか。

 

チャンピックスの成功率

チャンピックスの成功率は6~7割といわれており、自力禁煙の成功率1割と比べるとかなりタバコを止めやすくなります。

 

ただやはり薬が合わない場合は、タバコがおいしく感じやめにくくなってしまいます。

 

 

もし、チャンピックスが効かない場合は代替品もありますので、以下を参考にしてください。

 

→ チャンピックスが効かない場合は諦める?

 

 

チャンピックスで失敗する原因の打開策

チャンピックスで禁煙しようと思っても失敗する場合、せっかくの意思がもったいないので打開策を考えてみました。

 

  1. 薬が効かない ⇒ 他の薬をためす
  2. かなりニコチン依存症 ⇒ 先に電子タバコや加熱式タバコでニコチン量を減らす
  3. 通院のお金がない ⇒ 安い他の薬をためす
  4. 副作用がイヤだ ⇒ 電子タバコで禁煙する・薬の量を減らす
  5. どうしても吸いたくなる ⇒ 1週間達成したらご褒美を考えてみる

 

薬が合わない場合は、思い切って違う薬に変えてみて様子をみたり、まずは電子タバコや加熱式タバコで、本数を減らしてからチャレンジすると止めやすくなります。

 

⇒ 電子タバコと加熱式タバコ

 

また、副作用が辛いときは量や飲む時間を変えてみるだけで、かなりマシになることもあるので試してみてください。

 

 

お金が続かない場合は、約3か月分で4,400円ほどのブプロンSRという薬もあります。

 

⇒ ブプロンSRとチャンピックス比較

 

 

そして、ある程度意思も必要になる場合もあるので、完全に禁煙するまで我慢ではなく、1週間や1カ月単位で自分にご褒美をあげるなど、気持ちの面でもホッとできる何かを考えることも成功のポイントです。

 

 

チャンピックスが効かないのは、あなたのせいではありません。

 

薬との相性もあるので、自分を攻めず諦めず他の方法もありますので、チャレンジしタバコを吸わなくても良い生活を手に入れてください。

 

 

時間やお金に余裕ができるだけでなく体も脳も健康になり、タバコを吸う場所を探したり、イライラを我慢したりがなくなります。

 

 

今やタバコを吸わない人の方がモテるので、意外と彼女や彼氏ができる人も多いです。

 

タバコをやめていると、いつ家族が増えても安心ですし、子供の成長をタバコで抑えてしまうこともありません。

 

 

赤ちゃんや子供はタバコの煙で、低身長やADHD、勉強ができないなど成長に支障をきたすことがよくあります。

 

 

自分のタバコで家族が不幸にならないように、原因を改善することで禁煙をあきらめないでください。

 

page top