タバコやめたら人生変わった

タバコをやめたいが病院いけない!依存症でも成功は可能?解消方法はコレ

 

 

タバコをやめたいけど病院にいけないときは

タバコをやめたいけれど、近くに禁煙外来がない・保険証が手元にない・1年以内に診察を受け失敗した場合は病院にいけませんよね。

 

その場合、通販で現在2種類の禁煙薬の購入が可能ですし、禁煙パッチやガムの購入もできます。

 

値段ですがしっかりとした安いサイトで購入すれば、保険適用と変わらない事が多く、交通費などを考えると逆に安い場合も。

 

 

病院にいけなくても通販で購入できる禁煙商品の一覧はこちらです。

 

商品名 価格 詳細
チャンピックス 1カ月分約5,000円

禁煙補助薬で禁煙外来で処方
されるもの。吐き気などの副作用がある

ブプロンSR 3カ月分約4,000円

海外認可の禁煙補助薬
チャンピックスより副作用が少ない

ニコチンパッチ 14枚入で5,000円くらいが相場 通販以外にも薬局で購入可能
ニコチンガム 90粒で5,000円くらいが相場 通販以外にも薬局で購入可能

 

ただ禁煙補助薬の通販購入は、個人輸入になるため自己責任で使用が必要です。

 

そして薬だけに合う合わないがあり、副作用がひどい時はまず量を減らしそれでもツライようならその薬はやめて他のものに変えてください。

 

 

禁煙補助薬は脳に作用するため、無理に使用すると良くありませんので注意が必要です。

 

 

ニコチンパッチやニコチンガムも一緒に個人輸入した方が安い商品が多いので、禁煙薬を通販で購入する場合は一緒に見ておくと少しは安上がりになります。

 

 

どうせ買うなら安い方が断然お得!385粒で5,000円台

 

 

他にも薬以外だと禁煙パイプなどは、ゆっくりニコチンを減らしていけるため、薬がイヤな場合はいいかも知れません。

 

タレントの清水アキラやデビット伊藤などが、成功者として紹介されている商品です。

 

薬の副作用がイヤな場合はコレがおすすめ

 

電子タバコなどは、最近健康に良くないと言われているため、できれば手を出さない方がおススメです。

 

 

病院で処方してもらう禁煙補助薬ですが、通販でも購入が可能なので、タバコをやめたくても病院へ行けない時は便利ですよね。

 

 

では、ニコチン依存性が高い場合でも、禁煙に成功するのでしょうか?

 

タバコをやめたい依存性が高くても成功可能?

 

禁煙を自力で行う場合は約8割が失敗し、禁煙補助薬を使用した場合は約8割が成功するといわれています。

 

そのため、禁煙補助薬を使用した方がニコチン依存が高くても成功はしやすくはなります。

 

 

ただ、薬との相性があり、効く人には有効でも効かない人には全く効果がありません。

 

その場合は、海外認可のもう1つの禁煙補助薬を使用してみるか、ニコチンを日数と共に90%減らす離煙パイプをまずは使用するかのどちらかで、できるだけ体内のニコチンを減らし依存性を低くすることをオススメします。

 

 

1日に1本しか吸わない程度なら、自力での禁煙も難しくはないでしょう。

 

 

禁煙外来にいくだけが禁煙方法ではありませんので、無理なく自分に合った禁煙方法を見つけ、ゆっくりでもいいのでタバコを減らしていけるようにしてください。

 

 

タバコをやめる方法は人それぞれですが、やはりニコチン依存が大きいと難しくなります。

 

なかなかタバコをやめようと思わない人の方が多い中、禁煙しようと思ったその気持ちを大切にし、健康な生活を取り戻しましょう。

 

 

やはりタバコは合法だとはいえ、中毒性の高い薬と同じですし、年齢が増すにつれ健康被害が大きくなってしまい気づいた時には人生が台無しになっていることが良くあります。

 

将来、ガンや脳梗塞、心筋梗塞で苦しみ、職も失いどん底になることもありますし、逆に家族が病気や認知症になりやすくなり、あなたが看病して倒れることもあります。

 

 

 

今はいいかも知れません、しかし近い将来最悪な事にならない内に、禁煙しようと思った時にタバコはやめておくほうがきっとあなたの為になるハズです。

 

まずは病院と変わらない値段でチャンピックスの効果を確認

 

 

安さ重視ならブプロンSR どちらもあると便利

page top